エンジェルクレア/Angel Clea

以前制作した「Clair」というタイトルの水晶を持つ少女の背中に羽根をつけて、天使の絵にしました。
 
羽根の形はフラ・アンジェリコの描いた「受胎告知」にある、羽根の輪郭の形を踏襲させて頂きました。フラ・アンジェリコは1400年ころのクリスチャンのイタリア画家です。
 
最初に天使の絵を見たのは美術関連の本だったと思います。エル・グレコ、レオナルド・ダ・ビンチ、フラ・アンジェリコ、ウィリアム・ブレイク、ウィリアム・アドルフ・ブグローなど天使の絵で有名な画家は沢山います。

 
ドリーンバーチュー女史やメルキゼデク・ドランバロ、アセンション・マニュアルを含め、天使の情報を2006年ころから読み出し意識しだしました。
 
霊界に天使はいるのだろうか。天使を見た、または会ったという彼らの話は本当に事実なのだろうか。見た事の無い私にとっては、この目で見るまで、感じるまでは納得はできないです。

 
しかし、天使には興味があり、自分でも描いてみたいという欲求からこのように天使の絵を描いています。
 
これまでに、ドリーン・バーチュー女史の天使の情報にある、クラローディエンス(聴覚能力)のような音を何度か聴いたことがありました。
 
ある時期に集中して聴こえてくるもので、音色やリズムなど毎回違い、同じ音は二度とありません。はたしてこの音が天使からのものかどうかは分かりません。悪魔からでないことを祈ります。

題名のエンジェルクレア/Angel Cleaは、このような経験から絵になりました。 



天使の絵
エンジェルクレア/Angel Clea

正方形サイズ: 15cm ×15cm 価格:2000円 
 
正方形サイズ: 20cm × 20cm 価格:6000円
 
正方形サイズ: 25cm × 25cm 価格:12000円

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。